日常生活の中でちょっと知りたいこと、困ったことや悩んでいることを解決するための知識
入社式での自己紹介

入社式での自己紹介

入社してからしばらくの間は、自己紹介や挨拶等をする機会が多いものです。

新入社員にとって最初の自己紹介や挨拶は、今後の仕事をしていく上で重要なポイントになるので、ここは一つベストな自己紹介を目指しましょう。

自己紹介は何のためにする?

  • 上司や先輩に印象良く思ってもらう。
  • 少しでも自分の名前を覚えてもらう。
  • 先輩たちから声をかけてもらえる様にする。

    そのためにはダラダラ長いのは逆効果、短く伝えるのが高評価につながります。

 

入社式や配属式などで、良い印象を与える自己紹介の挨拶スピーチには、押さえておいて欲しいコツがあります。

簡単に言えば「シンプル、簡潔、わかりやすくのコツを押さえて、1分程度で短く」を心がけましょう。

 

しっかり準備して望みましょう。

スポンサードリンク


入社式で自己紹介を経験した先輩の本音

 

新入社員が入社して一番初めに緊張するのが、入社式での挨拶と自己紹介です。
ここで何を話し、どんな印象を持ってもらうのかは重要で、先輩側も意外とスピーチを注目しています。

無理に笑いをとりにいく必要はありませんが、印象に残る自己紹介をすると、受け入れてもらいやすいでしょう。
プライベートな趣味や出身地等、自分らしさやオリジナルを含んだ自己紹介の挨拶にして下さい。

シンプル、簡潔、わかりやすくがコツで、長々とした自己紹介は、逆に印象を悪くします。
自己紹介や挨拶をいくら一生懸命にしても、後々思い出せるのは1フレーズ程度なのです。

 

入社式での自己紹介の全体構成

 

新入社員が入社式の際に自己紹介をする際には、全体の構成をしっかりと念頭に置いておきましょう。
自己紹介の時間は、30秒~1分の時間指定がされている場合もあります。

自己紹介の基本項目入社式での自己紹介は短く

  • 自分らしさを一言
  • 入社の喜びと歓迎会の感謝の気持ち
  • 新入社員ならではの仕事への抱負と決意
  • 上司、先輩への指導のお願い

 

そして、面白エピソードを交える事が、自己紹介のコツです。新入社員だからと躊躇しないで、面白エピソードでインパクトを与え、絡んでもらえるようなネタを1つ考えておきましょう。

更に、自分を覚えてもらえるような自己紹介ネタを組み込む事が必須です。

スポンサードリンク


入社式の自己紹介ネタと例文

  • 意外な趣味
  • とにかく大きな声で
  • 方言
  • 自分のあだ名を言う
  • 社長への質問
  • 入社式での新入社員の自己紹介の例文

 

例文

今日から こちら○○○で働く事になりました、○○○と申します。
よろしくお願いいたします。

出身は○○で、現在は○○に住んでいます。
大学は○○で(エピソード)

趣味や面白エピソードなどの個人の自己紹介ネタ

私は「○○○」がモットーですが、
○○○なところが欠点でもあります。

これからは先輩方を見習い、一日も早く仕事を覚え、テキパキと仕事をこなせるように
努力してまいります。
仕事に慣れないうちは、ご迷惑をおかけするかと思いますが、ご指導のほどどうかよろしくお願いします。

 

 

まとめ

  • 入社式での新入社員の自己紹介の定番は1分なので、無難かつ多少興味を持たれそうな情報を散りばめましょう。
  • 1分の中に、出身や趣味など入れると話のネタにもなり、個性が出やすくなりますがウケを狙いすぎるのはNG。自己紹介での失敗しがちな事は、話すスピードです。
  • 制限時間が決まっていると、しゃべりが早くなりがちなので、聞き取りやすくゆっくりと丁寧に話しましょう。

    スポンサードリンク