日常生活の中でちょっと知りたいこと、困ったことや悩んでいることを解決するための知識
食中毒

食中毒

 

食中毒の症状で連想するのは、腹痛、下痢、吐き気、嘔吐ですが、その他に寒気、発熱を伴う事もあります。

冬場は、風邪やインフルエンザ等発熱のある病気が流行するので、

食中毒で発熱したのかどうか判断する事は難しい事が多いのです。

 

スポンサードリンク


 

食中毒症状で発熱した死ぬかと思った私の経験

食中毒で発熱下痢

 

食中毒の原因菌によっては、38~39℃発熱する場合もあります。

私の場合もまさにこのパターンで、

12月という事もあって、風邪か最悪インフルエンザかも?と思いました

その後1日たつと熱は微熱程度まで下がったものの、倦怠感とわずかな腹痛。

 

これが土曜日の午前中だったわけです。

多くの方がするように自宅で様子見をする事にしたんです。

 

しかし、その日の夜中、強い腹痛と共にやってきた下痢。

 

次の日、熱もぶり返し、嘔吐こそないものの下痢症状があるので、

自分でもわかる程脱水に陥ってしまいました。

 

そうなると、チビチビポカリ飲んでたくらいでは、

どうしようもないほど具合が悪い。

 

日曜日、かかりつけの病院はお休みなので、

とりあえず点滴だけでもと思って、当番医の元へ行った訳です。

 

問診して触診があったものの点滴ナシで終了が次の事態へ

 

胃腸薬、下痢止めを3日分処方され、「違った症状が出たら来てください」といわれ帰途につきました。

せめて点滴くらいして下さいよー。死んじゃう。

 

本当は簡単には死なないと思うけど、そんな気持ちになりますよね。

取りあえず、胃腸薬と下痢止め1回飲んだんだけど、この時点でも食中毒なんて思いもしなかったんです。

 

翌日、かかりつけの病院に行きました。一番辛かったのがこの時で、もうフラフラ。

一目見て、「脱水だから点滴しよう。ついでに検便。」はいと先生。

 

薬も、食中毒の疑いがあるから、替えると言われました。

 

食中毒に下痢止めはNGなんですよね

 

抗生剤入りの点滴のおかげで、気分は良くなって買い物にも行けるようになりましたが、

その後2日間下痢が続きその後回復。

 

カンピロバクターによる食中毒症状とわかったのは1週間してからでしたが、

日曜当番医行かなきゃよかった。

回復してからそう思いました。

かかる医者によっては悲劇が起こるかもしれませんよね。

ごめんなさい。マメがウツしたかも

食中毒を放置していたらどうなる?

 

下痢や嘔吐、発熱の症状がでた場合、どうしたら良いのでしょう?

 

食中毒の多くは、下痢や嘔吐の症状が起こりますが、

これは体内に侵入した菌やウイルスを排除する為で、

体外に排出される事で徐々に症状も回復に向かうことがあります。

 

食中毒が疑われる場合は、まずはしっかり水分を摂り、安静にしていると回復する事も多いです。

自分で勝手に判断して吐き気止め、下痢止め、解熱剤を服用するのはNGです。

 

食中毒は、原因物質を早く体外へ出すことが大切なので、

吐き気止めや下痢止めなどを飲むと体内から出ていかず、

症状が長引いたり重くなったりします。

 

発熱は、体内の細菌やウイルスの増殖を防ぐ働きがあります。

 

×解熱剤を使って体温を下げると、原因菌やウイルスが増える可能性もあり、

回復を遅らせる可能性もあります。

安易に使用してはいけません。

 

また、食中毒の中には神経障害を引き起こす場合もあるので、

症状が長く続いたり以下の症状がある場合は病院に行きましょう。

  • 乳幼児、高齢の方。
  • 病中、病後で体力の無い方。
  • 毒キノコ、フグ毒、化学物質の誤飲誤食。
  • O-157が疑われる方。
  • 血便がある場合。
  • 1日に10回以上の激しい吐き気や下痢が続く場合。
  • 呼吸が不安定で、意識が朦朧としている場合。

 

スポンサードリンク


 

食中毒の原因について

 

食中毒の主な原因は、細菌とウイルスで、細菌による食中毒は、感染型と毒素型に分かれます。

  • ウイルス性食中毒 :ウイルスが原因の食中毒です。
  • 細菌性感染型食中毒:食品中の細菌が体内に入り、腸の中で増殖する事が原因の食中毒です。
  • 細菌性毒素型食中毒:食品中で増殖した細菌から発生する毒素が原因の食中毒です。

食中毒を引き起こす主な細菌、ウイルスを分類してみました。

ウイルス性食中毒

  • ノロウイルス
  • A型肝炎ウイルス

 
細菌性感染型食中毒

  • カンピロバクター
  • 腸炎ビブリオ
  • 病原性大腸菌(O-157など)
  • サルモネラ属菌
  • ウェルシュ菌
  • リステリア菌
  • 赤痢菌
  • コレラ菌

細菌性毒素型食中毒

  • 黄色ブドウ球菌
  • ボツリヌス菌
  • セレウス菌

 

発熱と腹痛のある食中毒

 

発熱が見られる食中毒

O-157 :牛肉、加工食肉製品、水耕野菜

潜伏時間 :3~9日
激烈な腹痛の後、水溶性下痢を起こし、その後血性下痢が見られます。

一部の患者に溶血貧血、血小板減少、溶血性尿毒症症候群を起こし死亡率が高くなります。

自身での対処はNG、病院へ行きましょう。

 

カンピロバクター :鶏肉等の肉類

潜伏時間 :1~10日
発熱、下痢、腹痛、倦怠感、頭痛、嘔吐などで、

軽い場合は、水分補給と安静で対処出来ます。

1週間以内で完治し、死亡例は希です。

ノロウイルス :飲料水、食物、二枚貝、二次感染します

潜伏時間 :1~3日  
発熱(38度以下)、下痢、吐き気、腹痛、。

通常は3日以内で回復しますが、抵抗力の弱い人は重症になります。

水分補給と安静で対処する事も出来ますが、

脱水症状がある場合は点滴をしてもらいましょう。

<頭痛が見られる食中毒には、どのようなものがあるのでしょう。>

カンピロバクター :上記

サルモネラ :鶏卵、肉類

潜伏時間 :1~5日

下痢潜伏期間6~48時間で、まず悪寒、吐き気、嘔吐が起こります。

数時間後腹痛と下痢、38℃以上の高熱に変っていきます。

症状には個人差があり、数回の下痢ですむ場合から

全身感染に移行することもあります。

ボツリヌス :肉類の缶詰、瓶詰め、真空パック、蜂蜜

潜伏時間 :18時間前後
症状が進むと発声困難、嚥下困難、起立不能などの神経障害、

呼吸困難が起こり、致命率が非常に高い食中毒。

 

腹痛が見られる食中毒

O-157 :上記

腸炎ビブリオ:生食魚介類

潜伏時間 :12~24時間
潜伏期間が短いほど重篤な症状になる傾向があります。

激しい腹痛、下痢、発熱、吐き気及び嘔吐。

特に上腹部の胃けいれん様の痛みが特徴ですが、

発病後5~6時間で軽快し~3日で快復に向かいます。

 

食中毒の症状の発熱と吐き気

スポーツ飲料と脱水食中毒症状の、発熱、吐き気、下痢嘔吐が長期間続くと、

体内の水分やミネラルが失われ、脱水を引起します。

 
軽度の場合は、自分で水分補給することで回復も可能ですが、

重くなると意識障害や呼吸困難を起こし、死に至る場合もあります。
 

吐き気があると、水分も受け付けなくなりますので、

症状が出て6時間以上経過する頃から、水分を徐々に摂取していきましょう。

水道水よりスポーツ飲料が良いでしょう。

 

牡蠣による食中毒症状と発熱

 
牡蠣による食中毒は、原因菌によって、症状が出る時間に差が生じます。

貝毒・腸炎ビブリオが原因の場合

潜伏時間 :食後2時間~36時間
腹痛とセットになって起こる下痢が特徴です。また、嘔吐や発熱を伴うこともあります。

ノロウイルスが原因の場合

潜伏時間 :食後12~48時間

症状は、突然の嘔吐と激しい下痢です。

発熱、呼吸器症状を伴うこともあり、
稀に痙攣、腸重積などを起こす事もあります。

冬場に発生しやすいノロウイルスは、

生牡蠣などから感染するケースが多く、感染力も非常に強いウイルスです。


 

食後早い時間で症状が出たら貝毒

少したって症状が出たら腸炎ビブリオの可能性があります。

 
それ以上長い時間がたって症状が出た場合は、

ウィルス性の食中毒と言えそうです。

 
ノロウイルスは熱に弱く加熱処理が有効ですが、

中心部が85~90度になった状態で90秒以上の加熱が必要です。
 
 
また、ノロウイルスには有効な抗ウイルス剤はないので、

対症療法が行われますが、自己判断による下痢止めは絶対に服用しないようにしましょう。

 
更に、二次感染しないためにも、

マスクやゴム手袋の使用、石けんによる手洗いをしましょう。

 

まとめ

食中毒の予防と対策のポイントは5つ。

  • 1、手と調理器具を清潔に保つ 事。
  • 2、生の食品と加熱済みの食品とを分ける事。
  • 3、加熱はしっかりとする事。
  • 4、高温多湿に気を付け、食品を安全な温度に保つ事。
  • 5、安全な水と原材料を使う事。

 

スポンサードリンク