日常生活の中でちょっと知りたいこと、困ったことや悩んでいることを解決するための知識
IHヒーター

IHヒーター

IH(アイエイチヒーター)を女一人で交換するのはやってみればとても簡単でした。

ビルトインのHITACHIのラジエントヒーターを20年使ってきて、だんだんと電源が入らないことが多くなってきました。

スイッチの不良なら交換すれば使えると予想してましたが、「もう部品がありません」という言葉に、新しいIHヒーターを購入することにしました。

 

 

古いヒーターの跡に新しいIHヒーターが入るのか?

 

このラジエントヒーターを取り除いたらIHヒーターが入るのか分からないので、家電量販店で尋ねると「大丈夫絶対に入ります」と女性店員が太鼓判を押してくれました。

実際に交換したことはなさそうな店員だったので少し不安は残りました。

その店員によると、天板サイズは2種類ありサイズが統一されていると分かりました。交換前のIHヒーターがこのどちらなのかを確認してみましょう。

  • 75センチ幅
  • 60センチ幅

 

我が家のラジエントヒーターの幅はほぼ75センチなので、幾分か安心しました。

その家電量販店でIHヒーターの価格を調べると、取り換え作業も結構な費用がかかるとわかたので、安く上げるためにネット購入を検討し始めました。

ネットでよく売れているIHヒーターの最安値価格が4万円台。その量販店では、特価として販売していても9万円弱でした。

こんなに差があるのなら通販で購入しよう。でもネックになるのは、自分でIHの交換ができるかどうかということ。

YOUTUBEの取り替え動画は、どの動画も超簡単と説明してたんですね。ただ男性が実際やってみたという動画ばかりなので、女でも簡単にできるのかしらと不安はありました。

でも我が家は旦那が長期出張なので女の私がやるしかありません。がぜんやる気になってきました。

それなら、まず実際に我が家に購入予定のIHが入るかどうかをチェックする必要があるので、外してみることに。

ラジエントヒーターを外す
向こう側の端を持ち上げると、簡単に持ち上がり外れます。

 

ラジエントヒーターが外れた

 

スポンサードリンク


 

ネットで取扱説明書をダウンロードして、取り付け可能かどうか確認

注文する前にやっておくべきことがあります。注文予定のIHヒーターが実際に我が家のIHスペースに入るかどうかをチェックすることです。

家電製品売り場に置いてあるカタログの寸法のチェックだけでは、実際に入るかどうかは他の条件が関係するかも知れないからです。

例えば厚みが◎◎センチあるから、斜めにして差し込む時に壁にIHの後ろ部分が当たると入らないから奥行きが◎◎センチ必要とかです。

購入した後で入らなかったら、どうしようもありませんから。

購入予定のIHヒーターのメーカーで製品の詳細を確認する

ラジエントヒーターはヒーターとオーブンが分離

IHヒーターは厚く、取り除くHITACHIのラジエントヒーターは薄いので、歴然たる厚みの違いがありました。購入予定のIHヒータは全て一体型であるのに比べて、ラジエントヒーターは、オーブンの部分とヒーターの部分が分離している違いがありました。

 

ヒーターを取り出したところ

ヒーターとオーブンを仕切っていた薄い金属板や他のパーツを取り除くとIHヒーターのはいる空間ができて一安心。(ホッ)

 

カタログよりも詳しい情報は、そのIHヒーターを製作するメーカーのホームページで見ることができます。印刷して設置の順番とか手順を前準備しておくと、実際の製品が届いてすぐに設置ができます。

購入予定は、パナソニックのKZ-F32ASなので、「Panasonic  KZ-F32AS」で検索をかけると画像のホームページ画面にいけます。

商品の詳細をダウンロードしてチェックすると、予定の場所にキチンと入ることを確認できました。

 

IHヒーターの詳細データをダウンロード

新しいIHヒーターは製品は30Aの製品ですが、昔は20Aの製品もあったようなので、交換前のヒーターを一旦外して30Aで使っていることも確認できました。

 

 

 

自分で交換する前提でIHをネット注文

 

入ることは確認できたので、最安値のショップから注文しました。

 

パナソニックKZ-F32ASを入れる

 

IHヒータが届きました。これが入るかなと少し不安。

前もって、読んでいた取扱い説明書通り、少し子供に手伝ってもらいながら嵌めていきました。

IHヒーター用の200V電源

KZ-F32ASハマりました

 

 

持ち上げても、見た目ほど重くないので割りと扱いやすかったです。

200Vの電源にコンセントを差し込んで、あとは、あちこちぶつけないように嵌めていくと、少し後ろがギリギリで厳しかったのですが、3回目ぐらいでドンピシャ嵌りました。万歳。

これでやっとストレスなく調理ができます。YOUTBUEが簡単ですよと言ってたのは、私にできるレベルの超簡単なことでした。

使ってみるとお湯が湧くまでの時間がかなり短くなりました。電気量販店の半額以下で設置できたので大満足です。

 

スポンサードリンク