日常生活の中でちょっと知りたいこと、困ったことや悩んでいることを解決するための知識
菊ヶ浜を遠くから見ると指月山が特徴的な景色

菊ヶ浜を遠くから見ると指月山が特徴的な景色

菊ヶ浜の海開きは7月14日(土)(2018年)。酷暑の今日は海開きには最適な日だった。

菊ヶ浜の景色で最も特徴的なのは、萩城址のある指月山を背景とした青く美しい海。

 

7月の豪雨で大きな被害があって間もない14日だが、河から流れ込んだ冷たい濁流の影響で海はまだ少し濁っている。

それなのにこの美しさはどうだろう。

菊ヶ浜海開き

広島を朝出発し早くから海を独占して楽しむつもりが、高速道路に故障車があり予定より1時間近くおくれてしまった。

でも、海は待っていてくれる。菊ヶ浜海水浴場の少し沖合に黄色な台があるので、泳ぎながら休憩ができる場所になっている。

 

菊ヶ浜海開き

菊ヶ浜海水浴場の海開き初日は、既に監視棟や飲食できる場所、シャワー、更衣室などが設置されていて朝から泳ぐことができる。

写真の右側にある市女笠のような形の島は、実は島ではなく笠山という世界一小さく低い火山。

 

下の写真では笠山が少し大きく見える。笠山から菊ヶ浜を眺めると沈む夕日の美しさに感動する。

菊ヶ浜から見る夕日も夕日百景に選ばれるほど美しいので、菊ヶ浜沿いのホテル・旅館に宿泊したときには感動してほしい。

菊ヶ浜海開きで監視棟と更衣室

監視棟と更衣室への誘導。

 

菊ヶ浜海開きは火気厳禁

海水浴場は火気厳禁なので注意すること。

 

菊ヶ浜海開き監視所

監視棟の裏にある更衣室やシャワーは無料。海水はベタベタするし、足は当然砂だらけなので帰りの着替えは綺麗さっぱりシャワーを浴びよう。

 

菊ヶ浜の駐車場

菊ヶ浜の駐車場と料金

子どもたちが夏休みに入ると、駐車場は混雑するが海開きの今日は半分ガラガラだった。

1,000円/1回。なので途中で駐車場から出てしまうと、2度め駐車する時に再び1,000円を払う羽目になるので注意したい。

確かにすぐに海に行けるので便利な場所だけど、1,000円は高いよ。だから萩を知っている者は無料の場所に車を停める。

 

菊ヶ浜はどこからどこまで?無料で停められる場所とは

菊ヶ浜の範囲と無料駐車場

無料で駐車できる場所とはいっても、ここに夏営業する店があるので、営業を始めると、かき氷を食べるとか客になる必要があるかも。

菊ヶ浜は菊ヶ浜海水浴場だけではない。矢印の範囲全体を指す。どこで泳いでも構わないし、流れが強い場所も急に深くなる場所もない。

夏休みに入っても、人で溢れかえることはないので、海を独占して泳いでいる気分は味わえるのよ。これが菊ヶ浜の良いところの一つ。

菊ヶ浜で釣りをする場所

海水浴客が多い時間帯は、キスを狙った投げ釣りは止めておいたほうが良い。どうしてもというなら、浜崎よりの菊ヶ浜は人が少ないので投げられるかも知れない。

どうせ釣りするなら、潮を見て早朝ならどこでもできるので時間を選んだほうが良い。ツイートから情報を拾ってみよう。

 

 

菊ヶ浜の海開きってどんなことするの?

7月15日はビーチバレーの大会がある。下関の高校生が「明日は勝つぞ」と大きな声で励まし合っていた。

 

菊ヶ浜海開きビーチバレー大会ネット張り

菊ヶ浜海開きビーチバレーネット張り

 

菊ヶ浜海開きで出てるお店

菊ヶ浜海開き食事処

7月14日(2018年)は特に何もなく、思い思いに海に入って泳ぐ。既にシャワーなど設備があるし、小規模な食べる所もある。

利用者が少ないので、混雑がなくてゆったりと海で楽しめる。それが菊ヶ浜海水浴場の良いところ。

菊ヶ浜海開きでテント張って過ごすのもよし

テント張って過ごすスペースも十分。松林があるので影の場所も選べる。

 

菊ヶ浜レスキュー用のボード

レスキュー用のボードが並ぶ。

菊ヶ浜海開きでう用意されてるカヌー

数はないが、カヌーのレンタルができる。

菊ヶ浜のテトラポットには上がれるか?

菊ヶ浜のテトラポット

菊ヶ浜の少し沖にあるテトラポットに泳いでいくとしたら、どれぐらいの深さなのか気になる。

テトラの少し手前の深さは、2メートル半程度ある。テトラポットは砂の流出を防ぐためだが、そこまで実際に泳いで行った人はいるだろう。

でも何も準備無くテトラポットに行っても、上がることは難しかったはず。

 

菊ヶ浜海のテトラポット

砂浜から見るとテトラポットには簡単に上がれるように見えるかも知れない。でも実際に行ってみると、フジツボやカキ、ウニのトゲなど皮膚を怪我するものがたくさんついている。

テトラポットに上がりたい人は、手袋をして、下半身にはウェットスーツのようなものを履き、ビーチ用の靴を履いてください。でないと悲惨なことになる。

テトラポットのあたりに行けば、昔はサザエなどいたが、今はほとんどいない。いても小さいので取ってはダメです。固いことを言えばもともと貝類を採るのには漁業組合員になる必要がある。

 

菊ヶ浜の砂浜の減少が止まらない

菊ヶ浜の土塁

菊ヶ浜は白砂青松と言われているが、砂は減少し続けている。これまでに大量の砂をトラックで運び込んでいるが、海の潮の流れが砂をさらっていってしまう。

そのため、少し沖合に三角形のテトラポットの堤防が数箇所できている。それなのに、砂の減少はとどまるところを知らない。

写真のような段ができていることが砂が減少している証拠。20年前はもっと波打ち際が沖にあったが、行政の砂を運び込む労力も並大抵ではないだろう。

 

そのため、2016年までやっていた砂の芸術祭は昨年から中止になった。

その理由は砂が少なくなったためで、今後もずっと他所から砂を運び込むことが続く。

菊ヶ浜海水浴場の指月山側はどうなっている?

菊ヶ浜の指月山側には遊泳禁止の運河がある

菊ヶ浜の端っこ。指月山側には運河があって遊泳禁止。

菊ヶ浜の運河

ここで泳いではいけない。流れがあって深く冷たいので危険だから。

菊ヶ浜の堤防を歩くとテトラに続く

運河には沖に向かって歩ける堤防がある。

菊ヶ浜の堤防からテトラポット

堤防の端までいくと右側にはテトラポットが続く。このテトラポットが砂の流出を防ぐが、もちろん完全にはできない。

菊ヶ浜の近くのホテル・旅館が見える

この堤防の先から菊ヶ浜に隣接している、萩一輪や美萩などのホテルが見える。菊ヶ浜を堪能するにはここに宿泊するのがベスト。

天気が良ければ夕日百景に選ばれた綺麗な夕日が拝める。

菊ヶ浜のホテル

菊ヶ浜のホテル

菊ヶ浜のホテル

菊ヶ浜のウィークリーレンタルハウス

菊ヶ浜にはレンタルハウスもある。2,8000円/1日。

まとめ

菊ヶ浜は人も少なく混み合わないので、ゆったりと綺麗な海を楽しめる。近くのホテル・旅館に泊まれば美しい夕日を楽しむこともできる。