日常生活の中でちょっと知りたいこと、困ったことや悩んでいることを解決するための知識
大根おろし

大根おろしの効能の一つにジアスターゼがアンチエイジングやダイエットに効果があります。

 

寒い時期になると大根ですね。葉物野菜に比べ使い勝手も栄養価も負けてないし、何より安く買えるのでお得感があります。

大根おろしに含まれている成分で有名なのが、消化酵素のジアスターゼ。このジアスターゼはダイエットやアンチエイジングにも作用してくれます。

その他にも身体に良い成分が豊富に含まれているのが大根。侮れませんよ。

「大根おろし」から得られる効能について見ていきましょう。 

  • 消化不良、胃酸過多の改善
  • 二日酔い、頭痛、発熱の改善
  • ニキビケア、アトピー性皮膚炎の改善
  • 胃潰瘍、胃炎の予防
  • 冷え性、がんの予防
  • 動脈硬化、高血圧、脳卒中、心筋梗塞といった生活習慣病の予防
  • 胃潰瘍や胃炎の予防
  • 便秘の解消


スポンサードリンク


大根おろしにはどんな栄養があるの?

 

大根おろしのイソチオシアネートには脂肪細胞を減らす効果がある

 

大根の栄養と効能を一番効率よく得る為には、生で食べるのが一番。

大根の辛味成分であるイソチオシアネート、ビタミンC、消化酵素のジアスターゼ等の栄養素は熱に弱いという特徴があるからです。

そして、生の中でもサラダより大根おろし
 

大根おろしにすると、細胞の代謝が速くなり、デトックス効果によって余分な脂肪細胞が減ると言われています。

イソチオシアネート等の成分は大根の先端部分と皮に多いので、根っこに近い方を選び洗って皮ごとすりおろして食べましょう。

 

また、重みがある大根を選ぶのもコツ。ビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富です。

大根の栄養成分をみてみましょう。

 

ビタミン

  • ビタミンC :老化防止、がん予防、美肌効果
  • ビタミンB1 :疲労回復、糖質をエネルギーへ変換
  • ビタミンB2・B6 :皮膚や粘膜の健康、たんぱく質をエネルギーへ変換
  • ナイアシン :皮膚や粘膜の健康、たんぱく質をエネルギーへ変換
  • 葉酸 :循環器疾患の防止
  • パントテン酸 :抗ストレス効果、動脈硬化予防
  • ビオチン :美肌効果

 

ミネラル

  • ナトリウム ・カリウム ・カルシウム ・マグネシウム ・リン ・ 
  • 亜鉛 ・ ・マンガン ・ヨウ素 ・セレン ・モリブデン

 

食物繊維

  • 生活習慣病予防、便秘予防

スポンサードリンク


大根おろしが酸化されないうちに急速冷凍で保存する

 

大根をすりおろすと、栄養となる辛味成分イソチオシアネートがでます。

この辛味成分はすりおろして15分で半減、栄養もそれに伴って減少してしまうので、早く食べることがポイントです。
 

空気に触れると酸化が早まるので、食べきれない大根おろしは、タッパーや密閉容器に入れて冷蔵庫へ

冷蔵での保存期間は2日程度。しかし、冷蔵保存では、栄養は大きく減少してしまいます
 

では、冷凍保存はどうでしょう。

すりおろしてから、小分けにして冷凍しておきますが、保存期間は約1ヶ月程度が目安です。

 
心配なのは冷凍保存した大根おろしの栄養ですが、完全に-18度以下に保たれるならば栄養価の減少は少なく、ビタミンCの損失もほぼ0です。

ですから、冷凍する場合は素早く作業、早く冷凍がポイントです。

しかしながら、やはりおろしたてが一番なので、面倒でもその都度すりおろしましょう。

 

大根おろしに含まれる酵素

 

大根おろしは医者いらず、という言葉があります。

昔から、大根おろしは体に良いとされているように、生の大根には豊富に酵素が含まれています

 

  • アミラーゼ(ジアスターゼ) :デンプン分解酵素
  • プロテアーゼ :タンパク質分解酵素
  • リパーゼ :脂肪分解酵素

 

消化不良、胃もたれ、胸やけ等の防止や解消、解毒作用といった効能があります。

酵素は熱に弱いという事は周知の事実です。50℃前後の温度で失活しますので加熱はNGです。

 
大根おろしにして生食することで力を発揮してくれます。

ビタミンやイソチオシアネートは皮に多く含まれるので、皮付きのままおろしましょう。

 

大根おろしにアレルギーはあるの?

 

大根は、政府発表の「アレルギーの出やすい食品一覧」には含まれません。

しかしながら、大根アレルギーは2通り存在するのです。

 

  • 食べるのも駄目な人
  • 食べるのは大丈夫でも触るとアレルギー反応が起こる人

 

大根はアレルギーが出にくい食品で、加熱調理によってアレルギーの発生を抑えられるという研究結果もあります。

アレルギー症状には個人差があります。

口周りや口の中が赤く腫れる、口腔アレルギー症候群を発症する人や身体中にじんましんが出る人もいます。

アレルギー反応は、症状の出方に2つのパターンがあります。

 

  • 即時性 :食べた直後~30分以内
  • 遅延性 :食べて数時間~数日

即時性の場合は原因が分かりやすいですが、遅延性はアレルギーになる食材が分かりにくくなります。

大根アレルギーが疑われる場合は、大根おろしは食べない方が良いでしょう。

大根では滅多にありませんが、呼吸困難や痙攣等のアナフィラキシーショックを起こす怖れもあるのです。

スポンサードリンク


大根おろしの便秘解消効果に期待

大根には、食物繊維の他に分解酵素アミラーゼが豊富に含まれています。

酵素には、消化酵素と代謝酵素の2つの役割があり、日々の食事が不摂生になると酵素は消化に消費されます。

 

その為、代謝は後回しにされてしまい、新陳代謝が下がり太ってしまうのです。

更に、新陳代謝が下がる事で、腸の活動も滞り便秘の原因にもなります

 
そんな酵素を補ってくれるのが大根おろしです。

大根おろしの辛味成分イソチオシアネートには新陳代謝を活性化させ、老化や肥満の元と言われる活性酵素を無害に変えます。

 

大根おろしは、辛味成分が多く含まれている汁も一緒に食べることが大切です。

1日に食べる大根おろしの目安は、輪切りで1㎝程度

大根には身体を冷やす効果があるので、大根おろしの食べ過ぎは内蔵の冷えを起こし、逆効果になります

 

 

大根おろしには咳止め効果があります

 

咳止め効果がある食べ物は沢山あります。

その中でも大根おろしには、ビタミンC、ジアスターゼ、プロテアーゼなどの消化酵素が含まれます。

 

特に辛味成分のイソチオシアネートには、殺菌作用や免疫力アップ効果があり、咳止めにはベストなのです。

 

大根おろしの咳止成分

  • ジアスターゼ 
    消化を促進する。 咳止め、痰を出しやすくする。抗炎症作用があり喉の炎症を和らげます。
  • イソチオシアネート
    辛味成分で、白血球を活性化し細菌と戦う力を強くします。
    また、抗酸化作用の働きがあるので、口内炎や虫歯といった炎症には、汁で口をすすぐと症状が緩和します。
    虫歯で腫れた歯茎や打ち身は、大根おろしの汁に浸した布で湿布すると、炎症が和らぎます。
  • アリルスルフィト
    辛味成分の1つ。抗菌作用があり、細菌から喉を守ります。

 

はちみつの咳止効果

風邪の引き始めや咳止めに、大根おろし+夏みかんのしぼり汁+はちみつを混ぜたものを飲んでいます。

美味しくはありませんが、良く効きますよ。

また、大根とはちみつを漬けた大根はちみつは、江戸時代から続く風邪の民間薬です。

  • 殺菌作用
    はちみつにある高い抗菌作用は、はちみつのグルコース・オキターゼという酵素が、過酸化水素に変化することで生まれます。はちみつの種類によって、非常に高い抗菌作用を持っているものもあります。
  • 去痰効果
    咳を止める働きがあります。

スポンサードリンク


大根おろしは血糖値の上昇の遅い食べ物

血糖値を下げるために、覚えておきたいのが「GI値」。

GI値は、体内で食物が糖に変わり血糖値が上昇するスピードです。

GI値が低い食品の方が血糖値の上昇が遅くなるので、

血糖値が高い人はGI値の低い食材を摂るよう推奨されています。

 

  • 1、大根は根菜類の中でもGI値の低い食材です。
  • 2、大根おろしに含まれるアミラーゼが、糖質の消化を助け血糖値の急激な上昇を抑えます。
  • 3、体内の血糖値を管理している肝臓の働きを助けます。
  • 4、ビタミンCが豊富。

大根おろしは消化を助け、血糖値を下げる救世主と言えるのです。

 

大根おろしは血圧やコレステロールの改善に効果的

大根の皮には、毛細血管を強くするビタミンPやカルシウムが多く含まれており、色々な効果が期待できます。

大根おろしにする時には皮つきのままおろし、余った皮はきんぴらにし、葉っぱまで全部食べましょう。

 

  • 高血圧で弱った血管の改善
  • 血中コレステロール値の改善
  • 血流の改善
  • 発がんを抑制
  • 抗アレルギー効果

 

また、大根の葉には、βーカロチン、カルシウム、食物繊維が豊富に含まれています

βーカロチンには、以下の働きがあると研究でわかっています。

  • 抗酸化作用
  • 心筋梗塞や脳卒中の予防
  • LDLコレステロールによる血管の閉塞を防ぐ
参考記事  大根おろし器のおすすめはふわふわの大根おろしができる力いらずの4アイテムで決まり

 

まとめ

大根は安価で手に入りやすい上にとても身体に良いのです。そして効率よく恩恵にあずかるには大根おろしで食べるのが一番。

納豆と大根おろし、モズクと大根おろしといった食べ方もたくさんありますが、

ポイントはおろしたら栄養が急速に減るので15分以内に食べる事。毎日でも食べられそうですが、食べ過ぎには要注意です。

スポンサードリンク